*

あまりに女に飢えてたから昨日コミュ障の俺が街にナンパしにいった part3

公開日: : フラッシュ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 20:34:01.91 ID:F0LRPlCh0

SPONSORED LINK

引用元: http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1317468841/
101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 22:59:41.78 ID:F0LRPlCh0
書いてる途中にまた何か思い出すかも知れませんがとりあえずラストになると思います

その日も私は女に飢えていました

私「女の子紹介してやwww」
K「お前・・・まぁ聞いてみるわ」

岩石と同様Kの彼女に女の子を紹介して頂いた私
ただこの話は岩石編より前になります

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:03:18.24 ID:F0LRPlCh0
数日後知らないアドレスからメールが届きました
Mちゃんとしておきましょう

Mちゃんはノリの良い子で頻繁にメールしていたと思います
結構話しやすく、話してて面白い女がタイプの私はMちゃんに惹かれていきました

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:06:41.52 ID:F0LRPlCh0
話は飛んでクリスマスになります

趣味がネトゲの私はその日もネトゲをしていました

私「はぁ女の子とクリスマス過ごしてーわ」
ギルメンA「涙ふけよ」
私「うるせえ死ねカス」
ギルメンA「俺もだけどな・・・」
私「はぁ・・・」
ギルメンA「はぁ・・・」

そんな時私の携帯が鳴りました

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:11:46.73 ID:F0LRPlCh0
Mちゃんからでした

M「暇です」
私「俺もや」
M「え >>1さんもシングルベルなんですか」
私「当たり前やろ」
M「仲間ですね」
私「嬉しくねえ」
M「イブってのは恋人同士が過ごす日なんですよ」
私「そうなんや?知らんかったわ」
M「もっと勉強が必要ですね」
私「うるせえ」
M「はぁー暇で暇で退屈です」
私「んじゃ明日どっか行くか?」
M「寒いところじゃないならいいですけど」
私「んじゃイオンで」

ネトゲしながらメールをしていました

私「女の子からメールきたwwwwwwww」
ギルメンA「は?死ね」
私「ごめんwwww明日はログイン出来んわwwwww」
ギルメンA「まじこのギルマス死なねえかな」

しかし1:1で会うのは恥ずかしいので私はやはりK先生の手を借りる事にしたのでした

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:14:43.73 ID:F0LRPlCh0
私「Kさん明日Mちゃんと会う事になったんですがちょっと一緒に来て頂けませんか」
K「めんどくせwww」
私「そこをなんとか あと金がないんで金貸してください」
K「お前馬鹿やろwwww」
私「今メールしながら土下座してるんです!お願いします!」

この時私は土下座している自分の写真を添付して送っていました

K「仕方ねえなぁ」

やはりK先生が格が違いました

107: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 投稿日:2011/10/01(土) 23:17:11.88 ID:G1mP0bEv0
さすがKさんやで!
109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:20:37.27 ID:F0LRPlCh0
遠足を前日に控えた小学生のような気分でした

そして当日
集合場所はKの彼女宅との事だったので私とKは一緒に出発しました

しばらくして彼女宅に到着
Mちゃんは天使みたいな女の子でした
ここにいたのかマイエンジェル

そして私は人生初の女の子とのニケツをしてイオンへ向かったのです
ただ厳密に言うと初ではないのです
タメの女に「>>1は頼りないからw」と言われ男がケツに乗るという屈辱的な経験をした事があるのです

途中何度かふらふらしながらも無事イオンに到着
Mちゃんはビッグサンダーマウンテンに乗っている気分だったと思われます

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:23:40.26 ID:F0LRPlCh0
イオンでぶらぶらする四人
とても幸せな時間です

私「あ、腹減った」
K「そういやそうだな」
私「なんか食いたいもんある?」
M「あ、アイス食べたい」

というのでサーティワンに向かいました

私「◯◯ください」
店員「◯◯円になります」
私「うっす」
M「いいんですか?w」
私「おう」

私はKの金でアイスを奢りました

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:27:18.58 ID:F0LRPlCh0
私はこの時確かラーメン食ってたと思います
そんなことはどうでもいいんです

その後ゲーセンに寄る事になりました

K彼女「あ、これ欲しい 取ってよK」
K「めんどくせえなぁww」

というとKはあっさりとクマのぬいぐるみをゲット

K「ほらwwwお前もいいとこ見せてやらんかwww」
私「どれ?」
M「あれ」

Mちゃんは青いぬいぐるみを指差していました

私「任せろwwww」

何度か挑戦して私もゲット
Kへの借金は増える一方です

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:31:04.30 ID:F0LRPlCh0
ぬいぐるみを抱きしめるMちゃんは天使の笑顔でした
私はその笑顔につられてにやけていましたが同時に借金の事を考えてひきつっていたと思います

そしてそろそろ帰る時間が来ました

K「そろそろ帰っかー」
私「そうだなー」

帰りはしりとりをしていたと思います
Mちゃんはうんこ等下品な事ばかり言っていました
一方で私はちんこを二度言って失格になったのを覚えています

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:34:38.12 ID:F0LRPlCh0
一旦Kの彼女宅の前に戻る私達

K「ほら、送ってやらんか」
私「えー・・・」
M「いいですよいいですよw」

多分これは冗談ではなく本気で言っていたと思います

K「お前男やろがーww」
私「はい・・・」
M「あーじゃあお願いします」

Mちゃんと今日は楽しかったかー等どうでもいい話をする私
ある程度歩いたところでMちゃんが言いました

M「この辺でいいですよw」
私「あ、ほんとやー?」
M「はいw ありがとうございました!」
私「おう、ぬいぐるみ大事にしろよー」

きっと私に自宅が知られるのを恐れていたのでしょう

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:35:15.89 ID:PlMqKTQy0
たのしそうだ
俺は今年も一人だ
132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:37:28.15 ID:UmDlWNf3i
なんか良いな
137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:38:37.58 ID:F0LRPlCh0
>>114
私も今年は一人です

さて帰るかと振り返るとそこは見知らぬ世界が広がっていました

とりあえず来た道を戻れば帰れると思った私は来た道を戻ろうとしたのでございます
しかし真っ暗なそこは何が何やらわからない場所だったのでした
しばらくして私は気付いたのです
そして私はKに電話をかけました

私「迷った」
K「えっ」
K「今どこや?」
私「わからん・・・」
私「とりあえずまた後で電話する」
K「うい」

しかし進めば進む程わからなくこの道は迷路としか思えませんでした

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:42:20.47 ID:F0LRPlCh0
しばらく歩いて目印になりそうな建物を発見する私
急いでKに電話をします

私「K!◯◯があったんやけど!」
K「ああ◯◯か そっからずっと右行けばイオンや」
私「わかった!」

そっから20分以上かかってようやくイオンまで到着
イオンからの帰り道は覚えているのでやっとこさKの彼女宅まで戻る事が出来たのです

が、様子がおかしい
KとKの彼女の姿が見当たらないのです

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:43:56.78 ID:F0LRPlCh0
しかし耳を澄ますと男女の声が聞こえます
間違いなくKとKの彼女の声でした
どうやら喧嘩しているようです

私は凍えながら二人の喧嘩が終わるのを30分程待っていたと思います

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:46:30.71 ID:F0LRPlCh0
しばらくして二人が戻って来ました

K「いやーすまんかったなwww」
私「さみい・・・」

この時の私は死兆星が見えていた気分でした

そうしてようやく帰路に着く私とK

その後Kと二人で鍋をつつきながら過ごし、Kは自宅へ帰っていきました

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:49:04.38 ID:F0LRPlCh0
クリスマスの次の行事と言えばお正月

私達は毎年初日の出を見に行くのがお約束だったのでMちゃんもどうかなとメールをしました
Mちゃんの返信は思いの外早かったのを覚えています
メーラーデーモンさんでした

そして私はKとKの彼女と一緒に初日の出を見たのでした

以上で終わりになります

長々とお付き合いして頂き、本当にありがとうございました
何か質問があれば出来る限り答えようと思います

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:49:23.89 ID:PlMqKTQy0
Kと彼女になにがあったんだろうか
144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:50:09.81 ID:jyKAFkKU0
Kが良い奴すぎる
大事にしろよ
145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:50:23.58 ID:F0LRPlCh0
>>143
割と頻繁にちょっとした事で喧嘩しているので多分大した事ではないかと思われます
私には喧嘩する相手がいませんが
146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:51:07.97 ID:F0LRPlCh0
>>144
KやTとは一生の付き合いになると思ってます
147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:57:54.10 ID:FH3SyTxs0
とりあえず乙
148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:58:22.19 ID:s3fxwFPd0
>>1は今何歳?
149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/10/01(土) 23:58:48.64 ID:F0LRPlCh0
永遠の17歳という事でお願いします

関連記事

no image

出会いがまったくない俺の相談に乗ってくれ

引用元: http://hello.2ch.net/test/read.cgi/motetai/1

記事を読む

no image

モテたいけどそれどころじゃない

1: ('∀`) 投稿日:2011/07/10(日) 22:35:22.38 そういう人生送って

記事を読む

no image

若い女性にモテたいならモコを買え!!

1: ときめきメモリアル(芋) 投稿日:2014/02/23(日) 07:53:39.79 I

記事を読む

no image

池袋で毎週ナンパしてるけど質問ある?

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/07/07(水) 20:

記事を読む

no image

キモオタってオシャレして女の子にモテたいとか思わないの?

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/17(月) 22:

記事を読む

no image

今からナンパする←した part3

引用元: http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/

記事を読む

no image

ねこにナンパされたwwww

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/11/19(木) 20:

記事を読む

no image

鉄ヲタの彼氏と付き合っています(///▽///)

引用元: http://hello.2ch.net/test/read.cgi/motetai/12

記事を読む

no image

本気でモテたい奴の相談に乗るスレ

1: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2013/10/30(水) 15:00:35.57 ID

記事を読む

no image

中3なんだが本気でモテたい

1: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2013/09/26(木) 22:49:45.22 ID

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

AD


PAGE TOP ↑